1989年開業 情報工学部門 文部科学省登録番号 第22082号 公益社団法人日本技術士会会員 東大阪商工会議所会員

≫サンプルプログラム一覧 

オープンソース/C言語サンプルプログラム 押されたキーの番号(キーコード)を表示

●押されたキーの番号(キーコード)を表示するプログラムです。
●右の実行例(上)は @ キーを押したときの画面です。
●右の実行例(下)は F1 キーを押したときの画面です。
●F1 キーなどの特殊キーが押されると、getch( ) 関数は、値 0 を返します。
 もう一度 getch( ) 関数を呼び出すと、特殊キーの番号が返ります。
 ≫ソースファイルのダウンロード: kb001.c

【問題】
●いろいろなキーの番号を調べてみよう。

/******************************/
/*  押されたキーの番号を表示  */
/******************************/
#include <stdio.h>
#include <conio.h>
void  main( )
{
   int    j=0;

   printf("\n何かキーを押してください\n");
   while ( 1 )                               // 無限ループ
     { if ( kbhit( )!=0 ) break; }           // キーが押されたらブレーク

   j=getch( );                               // 押されたキー番号
   printf("\n押されたキー=%c",j);
   printf("\n        番号=%d",j);

   if ( j==0 )                               // 特殊キーのとき
     {
       j=getch( );                           // 押されたキー番号2
       printf("-%d(特殊キー)",j);
     }

    printf("\n");
}
   

※SSL暗号化通信対応

佐伯英子技術士事務所 〒542-0073 大阪市中央区日本橋 1-14-13 サンオフィス日本橋601  E-mail: yfb22332@nifty.com