1989年開業 情報工学部門 文部科学省登録番号 第22082号 公益社団法人日本技術士会会員 東大阪商工会議所会員

≫サンプルプログラム一覧 

オープンソース/C言語サンプルプログラム 入力した文字のシフトJISコードを表示する

●入力した文字のシフトJISコードを16進数で表示するプログラムです。

●getche関数を使って、キーボードバッファから文字を2バイト
 取得します。
●コマンドプロンプト画面で、Alt+漢字キーを押すと日本語入力
 になります。
 日本語入力を終了するには、もう一度漢字キーを押します。
●1バイト系文字はキーを2回押して2バイト入力します。
●Enterキーを押すと1バイトのASCIIコード0Dが入力されます。

 ≫ソースファイルのダウンロード: SJIS01.c

【問題】
●正しく表示されているか、文字コード表で確認してみよう。
●矢印キーやファンクションキーなどの特殊キーを入力してみよう。




/****************************************/
/*  文字のシフトJISコードを表示する  */
/****************************************/
#include <stdio.h>
#include <conio.h>
void  main( )
{
    char  c1,c2;

    printf("\n****************************************");
    printf("\n*  入力した文字のシフトJISコードを  *");
    printf("\n*  16進数で表示します                *");
    printf("\n****************************************\n");
    printf("\n文字を入力して下さい: ");
    fflush(stdout);

    c1=getche( );            // 1バイトめ
    c2=getche( );            // 2バイトめ

    printf("\n\nシフトJSIコード:%02X%02X\n",c1,c2);
}
   

※SSL暗号化通信対応

佐伯英子技術士事務所 〒542-0073 大阪市中央区日本橋 1-14-13 サンオフィス日本橋601  E-mail: yfb22332@nifty.com